猫トイレの選び方。散らからない・臭わないが基本!

猫トイレの選び方猫トイレ😺🚽

猫が毎日使うものですから、できれば「臭わない」「散らかりにくい」ものを選んであげたいですよね。

トイレが使いにくかったり不満があると、猫ちゃんはトイレ以外で粗相をしてしまうこともよくあります。

 

今回は飼い主さんのお悩み別おすすめの猫トイレをご紹介しますので、あなたの猫ちゃんにピッタリ合うものを見つけてあげてくださいね。

 

猫トイレの選び方

フード付きトイレとオープントイレの違い

価格 ○ △
オープントイレフード付きトイレ
見た目すっきり 大きい
ニオイ ○ ○
飛び散り × ○
掃除 ○ △

 

フード付きトイレの特徴

○ 隠れて用を足したい猫ちゃんにとって安心

○ 猫砂が飛び散りにくい

× オープンタイプに比べてやや掃除がしにくい

× 大型の猫ちゃんにとっては狭い場合も

オープントイレの特徴

○ 猫ちゃんが入りやすく広々としている

○ 掃除がしやすい

× 猫砂が飛び散りやすい

 

臭わないシステムトイレ

デオトイレ

臭わないシステムトイレとして定番のデオトイレ

 

猫砂と抗菌シートの2層構造になっている猫トイレはシステムトイレと呼ばれていて人気があります。

価格 ○ △
トイレシステムトイレ
見た目すっきり 大きい
ニオイ △ ○
飛び散り ○ ○
掃除 △ ○

 

システムトイレのおすすめポイント

システムトイレは、尿が猫砂を通過しシートに吸収されるので猫砂を毎回取り除く必要がなくなります。

普通のトイレの場合は、尿が固まる猫砂を使用しますがシステムトイレの場合はオシッコを通す砂を使用します。

 

最新猫トイレのおすすめ10選

猫砂が散らかりにくい猫トイレ

 

アイリスオーヤマ 散らかりにくいネコトイレ

アイリスオーヤマ 散らからない猫トイレ

 

アイリスオーヤマ 散らからないトイレ

外から見ればふつうのフード付きトイレですが、中はトイレとスノコ部分の二重構造になっています。

半分のところに区切りがあり、入り口側が網のついた通路になっています。

トイレをした後、スノコを歩いて外に出るので、砂がお部屋に飛び散ることがありません

さらに、通路の網で肉球が開くため足についた砂が運ばれることもありません。

念のために猫の手足に挟まらない大粒の猫砂を選べば、お部屋に砂が落ちることはほぼ無いと言ってよいでしょう。

 

通路の向こう側で用を足して砂をかけるときに外まで砂が散らかりません。

4kgを超える猫ちゃんだとトイレをする箇所が狭いので、3kg台の成猫までがおすすめ。

 

臭いが漏れにくい猫トイレ

 

アイリスオーヤマ 上から猫トイレ

上から猫トイレ

 

一見トイレには見えない、オシャレでユニークなデザインの猫トイレ。スッキリしていてお部屋に置きやすいデザインです。

バケツの上に蓋をしているような形で、上から猫がすっぽり入って用をたす構造です。付属品としてスコップがついています

 

登ったりもぐったり出来る面白い形なので、猫も気に入りやすいです。

上フタが付いていて猫砂が飛び散りにくく臭いも広がりにくいですよ。

 

猫のトイレの匂いや、飛び散りに悩んでいる猫のご主人にオススメです!

 

臭わないシステムトイレ

 

デオトイレ 1週間消臭・抗菌デオトイレ ハーフカバー本体セット

マンションやアパートなど、締め切ったお部屋でも臭わない人気のシステムトイレ。

下に敷く消臭シートの交換が簡単なので、猫の飼育初心者さんでもお掃除しやすいですよ。

オープンタイプなので大きな猫ちゃんでもゆったり入ることができます。

Amazon限定で真っ白でインテリアに馴染むシステムトイレ登場です。

 

部屋のインテリアになるオシャレな猫トイレ

 

pidan 猫トイレ

こんなトイレ見たことない!雪山をイメージした可愛い形のトイレです。

お部屋のインテリアに馴染み、猫がトイレに入った姿が何ともキュートに見えますよ。

充分な深さと大きさがあるので、ぽっちゃりした猫ちゃんでも安心して使えます。

 

細かい猫砂で使うトイレ

 

リッチェル コロル 猫トイレ48

リッチェル コロル

シンプルなオープンタイプのトイレなので、身体の向きを変えたり足を掛けたりしやすく猫にストレスがかかりません。

自由なスタイルでトイレできるので、どんな猫ちゃんも喜びますよ。

オープンタイプは用を足す姿がしっかり見えるので、尿路疾患をもつ猫ちゃんに特におすすめです。

 

掃除が簡単な猫トイレ

 

アイリスオーヤマ 掃除のしやすいネコトイレ

固まった猫砂をスコップですくって手前の砂落としを兼ねたボックスに落とすだけで、ラクラクにゴミ捨てできます。(システムトイレではなく砂を入れるだけのタイプです)

フルカバーなので臭いも漏れず、砂の散らかりも防げますよ。

サッとお掃除したい飼い主さんと、人目に触れず隠れてトイレしたい猫ちゃんにおすすめです。

 

子猫用の臭わないシステムトイレ

 

花王 ニャンとも清潔トイレ 子猫用セット

子猫はトイレに入りにくいと、トイレの外で粗相してしまうことありますよね。

入り口を乗り越えられず「間に合わなかった!」と悲しい思いをする飼い主さん、実は多いのです。

こちらの猫トイレは入り口が低く子猫でも出入りしやすい、コンパクトサイズの子猫用システムトイレです。システムトイレなのでウンチと尿の臭いをしっかり閉じ込めてくれますよ。

子猫から体重3.5Kgまでの、小さめの成猫ちゃんでも使えます。砂は極小のチップなので、子猫の小さな手でも砂かきしやすいです。

コンパクトサイズのトイレなので、子猫用ケージにもすっきり収納できますよ。

おしっこは下に落ちてシートが吸うので、ウンチだけ取ればおそうじ終了です。

専用の脱臭抗菌マットは消臭効果がバツグン!

脱臭抗菌マットを下に敷いておくので一週間おしっこの処理が必要ありませんから忙しい飼い主さんにとくにオススメです。

 

まだ身体の小さい子猫ちゃんに。トイレ掃除をカンタンにしたい、忙しい飼い主さんにもオススメです!

 

子猫が入りやすいトイレ

 

リッチェル こネコのトイレ

 

子猫のトイレ選びで重要なのは、何と言っても入りやすさ。

このトイレはフチが低くなっているので、身体の小さな子猫でも無理なく中に入れます。

よちよち歩く子猫でもラクに入れるトイレです。生後1ヶ月の子猫でもしっかり自力で入れましたよ。

入り口が低めで、子猫がトイレに苦手意識を持ちにくいように作られています。

コロッとしたデザインで、お部屋に置いても可愛いのが嬉しいですね。

おすすめ色は、アイボリー。

まるで西洋のバスタブのように見えて、お部屋に置いていてもホッコリ和む雰囲気です。

シンプルな平置きタイプなので猫砂を取り替えたり洗ったりするのもカンタンです。

固まる砂であればどの猫砂を使っても大丈夫です。

鉱物系・紙系など、子猫が気に入る猫砂をためしてあげてくださいね。

スコップは本体の内側・外側どちらにでも収納できますよ。

 

ミニサイズなので、生後3ヶ月位までのよちよち歩く子猫におすすめです。

 

持ち運べる猫トイレ

 

猫壱 ポータブル トイレ

小さく折りたたんで持ち運びできるトイレです。お出かけの時やもしもの災害の時にすぐに持って歩けます。防水なので水で洗うこともできますよ。

普段使いのトイレとしては物足りないですが、もしもの時のために猫ちゃんに使わせて、あらかじめ慣れてもらうと良いでしょう。

 

大型の猫用トイレ

 

モダンなデザインのメガ級キャットトイレ メガトレー

横幅66cm×奥行き49cmの大きめサイズのトイレです。

ノルウェージャンやラグドール、メインクーンなどの大型猫でも安心して使えます。

身体の大きな子でも、オシッコをトイレの外に漏らしにくいです。

広く使えるので多頭飼いのご家庭や、なかなかトイレ掃除が出来ないご家庭にもおすすめですよ。

 

猫トイレまとめ

トイレの好みは猫ちゃんによって様々です。

 

外から見えないほうが安心してトイレできる子もいれば、オープンタイプで周りを確認しながら用を足したい子もいます。

また、成長するに連れてトイレのサイズを変えたほうが良い場合もよくあります。

 

トイレが合っていないとストレスから病気になったりトイレ以外で粗相することもありますので、あなたの猫ちゃんの性格やスタイルに合ったものを、その都度選んであげてくださいね。